『カモとねぎ』

『カモとねぎ』

1968年/宝塚映画/配給:東宝
監督:谷口千吉
脚本:松木ひろし田波靖男
出演:森雅之緑魔子高島忠夫、砂塚秀夫、桂米朝、藤村有弘、桜井浩子山岡久乃小沢昭一東野英治郎

あらすじ:

 チョイ悪オヤジのリーダー・森雅之、関西弁のお調子者・高島忠夫、彼の相棒でオネエ・砂塚秀夫の詐欺師&泥棒トリオは、競艇場のボートに細工をし、素知らぬ顔で大穴300万円をゲット。ほくほく顔で金を持ち帰る途中、近くを通りがかった黒革のボディースーツ姿の緑魔子にデレデレしているうちに、まんまと300万円を奪われてしまう。こんな小娘にしてやられた野郎3人は大人気なく速攻で魔子が働くキャバレーを特定。さっそくとっちめにかかるが、「働いて返すから仲間に入れてほしい」と逆にお願いされ、オシャレな詐欺師グループに紅一点のメンバーが誕生する。あとのことは緑魔子の可愛さのせいで頭がボーっとしてしまいあまり憶えていないが、たしか、街の風紀委員長を気取るPTA会長・山岡久乃にピンク映画を見せて卒倒させたり、ベトナム戦争で米軍が使う兵器の原料を作って荒稼ぎ、その上公害で街を汚染し放題の工場を不発弾発見の壮大なデマで混乱させたり、ルパン三世もびっくりの愉快な愉快な大冒険であります。

続きを読む