『チャイナ・シンドローム』

DVDで

チャイナ・シンドローム

1979年/コロムビア・ピクチャーズ
A Michael Douglas / IPC Films Production
製作・出演:マイケル・ダグラス
監督・脚本:ジェームズ・ブリッジス/脚本:マイク・グレイ、T・S・クック
出演:ジェーン・フォンダジャック・レモン

あらすじ:

 ニュース番組の人気女子アナ(という歳でもないが)のジェーン・フォンダが、有能報道カメラマンのマイケル・ダグラス原子力発電所の取材へ。ガラス越しに原発の現場責任者ジャック・レモンの仕事ぶりを見学してみたのだが、大汗かきまくり、慌てまくり、どう見ても暴走する原子炉を必死で止めてるようにしか見えない。あんまり様子がヤバいので、有能なマイケル・ダグラスはその現場の一部始終をこっそり隠し撮り。こりゃあ特ダネ決定だぜ……と思いきや、局のお偉いさんは渋い顔して放送してくれない。おまけに原発側は事故じゃないですと言い張る。クソ、絶対に真実を明らかにしてやるぞ。圧力、陰謀、どんと来いだこの野郎

 

 最後に観たのは確か、311があったまさにその日の夜だった。完全に確信犯なのだが、この映画の怖さを身をもって知るにはまたとない日であった。表に出ていないだけで実際のところはわからないが、福島ではだいたいこの映画と似たような事態が発生したらしいことは理系じゃなくても理解できる。偉そうな奴が不祥事をもみ消す気マンマンで会見に登場するところは実際その通りだったわけだし。

 

 原発の建設に反対する活動家や学者といった、反原発側の人間も登場する。この映画の場合は明らかに原発推進側に悪人がいるのだが、だからといって原発の人間に肩入れするようなこともなく、一般人たちの若干ヒステリックな面が冷めた目線で描かれる。その政治的にバランスのとれた演出が、かえってジェーン・フォンダ演じるキャスターの誠実な態度と重なり、またそれが映画の印象を良くしている。SFじゃなくても未来を予知する映画はある。この映画が作られてからもうすぐ40年が経つというのに、原発推進派も反対派も、進歩がなくって本当にすいません、すいません。

 

 スティーブン・ビショップが歌うオープニング・テーマ「Somewhere in Between」フュージョン・メロウの大傑作なのでサントラレコードやシングル盤をずっと探していたのだが、90年代に入ってからのベスト・アルバムが初音盤化だったことが判明。つまりアナログ盤は存在せず。とほほ。

 

 

 

件の主題歌はこちらのベスト・アルバムに収録。やれやれ……。

On and on: the Hits of
On and on: the Hits of
posted with amazlet at 17.10.12
Stephen Bishop
Mca (1994-08-16)
売り上げランキング: 306,954