『893愚連隊』

シネマヴェーラ渋谷荒木一郎特集にて

893愚連隊

1966年/東映京都
監督・脚本:中島貞夫
出演:松方弘樹荒木一郎天知茂近藤正臣桑原幸子稲野和子待田京介遠藤辰雄、ケン・サンダース、高松英郎宮園純子

あらすじ:

 京都駅周辺でタコ焼きのタダ食い、タクシーの乗り逃げ、書くのもアホらしくなるほどケチな軽犯罪を重ねて暮らす愚連隊トリオ(松方弘樹荒木一郎、その他デブ1人)のもとに、終戦直後の愚連隊で活躍した伝説のセンパイ・天知茂がやってくる。刑務所から出所してすぐ、かつての仲間のもとに身を寄せようかと思っていたら、彼はすでに堅気で家庭持ち。おまけに家に上がってみたら、俺の帰りをじっと待っていてくれたはずの宮園純子が小さいガキを抱いて出てくるじゃないか。もう1人の仲間・高松英郎はヤクザになって高そうなスーツなんか着ちまって……なんて生きづらい世の中だ。そんなわけで愚連隊に復帰した俺だけど、やっぱりいい歳こいて愚連隊ってのもなあ……。混血児の運転手・ケン・サンダース、すけこましの達人・近藤正臣破滅型人妻稲野和子歩く美人局トラップ桑原幸子って若い仲間は増えたけど、たまにはデカいヤマでも当てないとやってらんないヨ。

 

 

 日本のヌーヴェルヴァーグは松竹だけじゃない。東映中島貞夫監督岡田茂社長に怒られない程度にラフなシーンを混ぜ込んでいる。天知茂が回想する闇市のシーンで、道の真ん中で大喧嘩する天知茂からカメラがプイと離れて、その様子を少し離れたところでリンゴかなにかをかじって微笑み見つめるパンパン姿の宮園純子に移動してすぐブツ切りになるショットがとんでもなく魅力的だった。その直後、天知茂宮園純子お互いの名前を入れ墨した腕を見せ合いながら裸で抱き合う一瞬のイメージカットには笑ってしまったけど(海外ではポピュラーな行為なのになぜ)。天知茂が仁義を切ってる途中なのに電車の音が被されて無理矢理フェイドアウトしてしまうのもたまげた。

 

 あらすじはつい贔屓で天知茂目線になってしまったが、主役は松方弘樹荒木一郎グラサン姿の2人が空を見上げるカットは今見てもカッコいい。松方弘樹が新入りの近藤正臣に、「頭がペテン、眼はガン、街はエンコ、腹がモサや。腹がへった時は、モサが、コケとる云うんや」と愚連隊スラングを教えてくれるのがうれしい。勉強になります。

 

 それからメモ代わりに書いておくが、愚連隊はヤクザとは違う。ヤクザには兄貴と兄弟と親分がいるが、愚連隊は上下関係のない文字通りのごろつきだ。だからこの映画でも、業界の大大先輩のはずの天知茂荒木一郎やケン・サンダースに呼び捨てにされるし、それに対して天知茂が腹を立てたりするようなこともない。かつて天知茂と愚連隊で仲間同士だった高松英郎は、ヤクザという社会のシステムに組み込まれてしまったことで、根無し草として生き抜きたい天知茂との間に友情では埋めきれないすれ違いが生じてしまう。

 

 他にも近藤正臣にスケコマされて愚連隊トリオに犯されてしまう稲野和子を見て部屋を飛び出し、「あれで俺は産まれたんだ!」と泣き叫ぶことで、おそらく米兵とパンパンの子と推測されるケン・サンダースの背景がセンス良く明かされたり、細かい設定も泣かせる映画だった。桑原幸子が、5年後なら池玲子がやるような不良女を演じていたが、かわいかったなぁ(これについてはかわいすぎてかわいい以外の感想見つからず)。

 

 高度経済成長の時期にも落ちこぼれはいたし、毎日食べていくことの大変さは昔も今もそう変わるものではない。松方弘樹が言う、「電気冷蔵庫には5年の保証があるけど、ワイらには明日の保証もないんやで」。いいセリフだった。大人になった今だから心に刺さるんだなぁ、きっと。

 

 

893愚連隊 [DVD]
893愚連隊 [DVD]
posted with amazlet at 16.10.20
東映ビデオ (2006-09-21)
売り上げランキング: 167,536