『グッドモーニングショー』

『グッドモーニングショー』

2016年/フジテレビジョン東宝、FILM
配給:東宝
監督・脚本:君塚良一
出演:中井貴一長澤まさみ志田未来林遣都木南晴夏梶原善池内博之濱田岳松重豊、吉田羊、小木茂光時任三郎

あらすじ:

 朝のワイドショー番組で司会を務めるベテランアナウンサー・中井貴一は、生放送直前に番組プロデューサー・時任三郎に呼び出され、視聴率不振による終了を告げられる。スタジオに戻ると、アシスタントの女子アナ・長澤まさみが生放送中に貴一とのプライベートな関係をバラしてやろうとゲスエロい顔で微笑んでいた。ちょっと待て、俺たちはそんな関係じゃない! そもそも俺には吉田羊という立派な妻がいるんだぞ! そんな貴一に追い打ちをかけるように今度は早朝のカフェで立てこもり事件が発生。おかげで番組の構成はメチャクチャ。原稿なしのアドリブが要求される緊急事態となった。おまけに散弾銃を持った犯人の濱田岳は、現場に貴一を連れてくるよう警察に要求した。目的は? 理由は? なんであろうと現場には絶対行かない。行かないぞ。実は彼にはあるトラウマがあった。かつて報道番組で土砂崩れの災害現場に赴いた際、演出で顔に泥を塗っていたところをうっかり生中継されてしまった不祥事が頭に残っていたのだ。

 

 

 テレビ画面のセンターに立つ中井貴一と、サイドを固めるアシスタントの長澤まさみ志田未来番組の雰囲気は「とくダネ!」と「めざましテレビ」をミックスしたような感じで、おまけに映画の製作はフジテレビと来た。一応、架空のテレビ局という設定でお台場の球体が登場することはないが、中井貴一の佇まいはどう見てもオズラさんだ。そのオズラさんが無数のトラブルと様々な疑惑を抱えて、冷汗をかきまくりながら生放送をこなす。そんな様子を映画にしたら、確かに傑作が生まれそうな雰囲気はある。

 

 しかし、思っていたほど面白くなかった。傑作になり損ねた映画だけに失望も大きい。かつての栄光はどこへやら、今やテレ東に負けるほど凋落したフジテレビが落ち目のアナウンサーを主人公に映画を作るということに、いったいどこまで自覚的であったのか、それが問題だ。こちらとしてはどうしても、いまの悲惨な状況に対するなにかしらかの答えをこの映画に求めてしまう。予告篇を見る限りではそれなりに面白そうだったのはそんな期待があったからだろう。

 

 致命的なのは、劇中で描かれるのが生放送中のスタジオ、立てこもりの現場、家のテレビで中継を見る吉田羊の反応、ほぼこの3点だけだということ。終盤にはとってつけたようにその他大勢の視聴者が登場するが、お前らの世界はスタジオと現場と吉田羊だけで回っているのかよと苛立ってしまう。原子力発電所の不正を告発しようと調整室に立てこもった技師を独占生中継する『チャイナ・シンドローム』と比較するのも酷ではあるが、アナウンサーが事件に巻き込まれるまでの流れ、中継を見ているはずの視聴者の扱いなどが雑で、それを描かないなら描かないで観客を煙に巻くこともできず、中盤からずっと物足りなさが目についてしまった。

 

 例によってスタジオから廊下に至るまで、フジテレビ社内を使って撮っているわけだから、そこから自然に生まれる臨場感、擬似ドキュメンタリー感は見応えがある。しかしこれも昔からお得意だったお仕事の裏側系ドラマの密度を超えるものではなく、悪く言えば出がらし、林遣都木南晴夏がAD役を好演していただけに惜しい。小木茂光の報道部長とワイドショー班の対立も典型的かつ薄っぺらで、「ここまで描いておけばあとはわかってくれるでしょ」的な発想は実にテレビ的。おい、ここは映画館なんだぞ!

 

 監督は『踊る大捜査線』シリーズの脚本家・君塚良一で、ほかに容疑者 室井慎次』『誰も守ってくれない』など、実は監督作がいくつかある。実績からすれば三谷幸喜と並び称されるべき人だが、どれも成功していないせいか知名度は低い。映画らしさ、テレビではできないスケールの大きさを少しは意識している三谷監督と違って、こちらは無駄なクローズアップ、あざとい説明セリフなど、テレビ的な演出に甘んじているのがなんとも残念すぎる。気休めにしかならないだろうが、映画として真剣に見ているからなにかと粗が目立つのであって、テレビの単発スペシャルドラマであればきっと伝説になったはずの作品なのだ。

 

 「楽しくなければテレビじゃない!」とはフジテレビが1980年代から掲げている番組作りの指針だ。視聴者がテレビに楽しさを求めなくなってしまった、あるいは視聴者が求める楽しさの質と意味が変わってしまった。それを当のフジテレビはある程度は自覚しているらしい。それが、吉田羊以外の名もなき視聴者が登場する終盤の展開でようやく見えてくる。画面に映るのがリモコンを押す手元だけで、視聴者たちの表情が伺えないのが不気味だ。ドラマでもよくある一般大衆の悪意を示すテンプレ演出だが、フジテレビが視聴者の顔が見えずに苦しんでいるのはまあわかるとしても、「いつからテレビは視聴者のサンドバッグになってしまったのか?」の問題提起をテレビ側から提示しているわけで、それをやると今度はテレビ側の被害者意識が透けて見えてしまう。そんなわけで後戻りのきかない段階で責任の一端を観客に押し付けてくるので、こちらにしてみれば「えっ、俺たちが悪かったんかい」とダメな形で映画に参加する羽目になり、劇中のテレビマンたちがそれなりに頑張って出した答えも楽観的で、結末も甘いと判断せざるをえなくなる。撮ってる途中で時間切れになったのかと思われるシーンもあり、もう少し作り込んでいればと悔やまれる。

 

 また、長澤まさみがエロかわいいのは大いに結構だが、『モテキ』のころの意外性はもはやなく、早くもタイプキャスト的な扱いで本人が頑張れば頑張るほどこれからも似たような役しか回ってこなくなるのではと心配になってしまった。これは大きなお世話か。

 

容疑者 室井慎次 [DVD]
容疑者 室井慎次 [DVD]
posted with amazlet at 16.11.27
ポニーキャニオン (2006-04-19)
売り上げランキング: 45,109