『女の勲章』

『女の勲章』

1961年/大映京都
原作:山崎豊子
監督:吉村公三郎
脚本:新藤兼人
音楽:池野成
出演:京マチ子若尾文子、叶順子、中村玉緒田宮二郎船越英二内藤武敏森雅之

あらすじ:

小さな洋裁教室をつつましく開いていた京マチ子先生は、若尾文子叶順子中村玉緒という3人の元生徒のサポートもあり、徐々に学校として大きく成長しつつあった。そこに現れて法律や経済などの面倒な問題を引き受けたのが田宮二郎。頼れる男だが、流暢すぎる京都弁が鼻につく。メンバー全員の頑張りで学校の規模は関西圏でさらに拡大。京マチ子はデザイナーとしての知名度は高まり、東京進出も射程圏内となるも、急成長を遂げた学園内部では女所帯にイケメン1人で事件の香りしかなかった……。

 吉村公三郎監督の直接見せない演出がこれでもかと出てきて、そのたびに「お見事〜」とため息を漏らしておりました。田宮二郎がメインの登場人物全員に言い寄る映画なので、それはもう演出のバリエーションが豊富でなければ、ものすごく単調でつまらないものになってしまう。

 とりあえず女性陣は全員ご存命ですから早急に同窓会をお願いいたします。

 一瞬の場面なので必要以上に気に留めることはないのかもしれませんが、京マチ子がフランスへ向かう旅客機の場面が見事な特撮で、綿で作った雲海と月明りの照明が実によい塩梅でした。特にクレジットはなかったはずですが、おそらく『夜の蝶』の特撮場面で吉村監督の信頼を得た築地米三郎が担当をしていると思われます。

 それから、若尾文子が彼氏(田宮二郎のせいでめっちゃ険悪)と道頓堀を歩く場面で、グリコのネオンの2代目が見えました。写真を検索するとわかりますが、2代目はランナーが目立つ電飾にはなっていないので、画面でハッキリと確認できたのはグリコのロゴだけです。

女の勲章 [DVD]
女の勲章 [DVD]
posted with amazlet at 19.02.26
KADOKAWA / 角川書店 (2014-08-29)
売り上げランキング: 43,442